2021 5 2オンライン礼拝  主は心の渇きを癒し休息をお与えになる羊飼い

2021/5/2   説教メモ   詩篇23篇   連続講解説教   「主は私の羊飼い」②

今朝は、特に2節のみことばに心を留めながら三つのことを見ていきます。

「   主は私を緑の牧場に伏させ  いこいのみぎわに伴われます。」2節

①主は私に伴ってくださる羊飼い 羊飼いは杖と鞭をもって、弱くて迷いやすい羊から離れることなく、羊に伴っていました。 ここて使われている「伴う」という言葉は、原文では、「寄り添いながら、優しく導く」という意味があるそうです。決して強制的な、急かすような導きではありません。

まさに真の羊飼いであるイエス様は、いつも私たちに寄り添って、愛をもって優しく導いてくださるお方です。

私たちは日々の歩みの中で、つい、あれやこれやと荷物を抱えてしまい、悩んだり思い煩ったりします。また 様々な困難に直面し、人生の修羅場に直面することもあります。 けれども感謝なことに、どのような困難な問題に直面しても、私たちが押しつぶされることがないようにイエス様は、いつも寄り添ってくださり、優しく導いていてくださるお方である事を忘れてはなりません。

②主は心の飢え渇きを癒すために伴ってくださる羊飼い

「主は私を緑の牧場に伏させ  いこいのみぎわに伴われます。」 羊飼いは、羊を外敵から守りながら、羊に寄り添って、牧草に導き、餌を与えます。そして川のほとりに導いて水を

やります。  羊は、お腹も満たされて、牧草に伏せるそうです。

うちで飼っている猫たちも家の中で、おなかを丸出しにして仰向けに寝ることがあります。警戒心があると絶対、そ のような寝方をすることはありません。

羊も警戒心の強い動物ですから、少しでもストレスがあると起きあがったままで、寝転ぶことはないそうです。  け れども、羊飼いが側にいるので、何のストレスもない安心しきっているときに、初めて寝ころぶそうです。

羊飼いは、羊の必要を満たしてあげ、羊が牧場に寝ころぶことができるほどに休息を与えます。

イエス様も全く同じです。私たちが心に飢え渇きを覚えるときに、心の飢え渇きを癒し、心のストレスを取り除いてく ださるお方です。

今、コロナ禍で多くの人たちの心が渇いています。これから先、日本はどうなるのだろうか? 私たちの生活はどうなるのだろうか?お店はどうなるのだろうか、職場はどうなるのだろうか、 いつまで、コロナウィルスを警戒して生きていかなければならないのだろうか? そのような我慢と忍耐を強いられている中で、せっかくのゴールデンウィークも、家族旅行に行けず、外食もできず、ステイホームを強いられいる状況です。 この状況が続きますと、心は渇き、ストレスは溜まるばかります。

けれどもイエス様は、そのような私たちの心の飢え渇きを癒し、ストレスを取り除いてくださるために、いつも私た ちと伴って、私たちを優しく導いてくださいます。

③主は安らぎを与えてくださるために伴ってくださる羊飼い

「主は私を緑の牧場に伏させ  いこいのみぎわに伴われます。」 羊飼いは羊を牧場に導いて餌をたっぷりと与え、くつろがせ、水を飲ませるために川辺まで導きます。 それと同じように私たちの羊飼いイエス様も、私たちの心の渇きを癒してくださるだけでなく、心の中の不安や恐れを取り除いて、心に休息、安らぎを与えてくださいます。

「    いこいのみぎわに伴われます。」と書いててあるからです。

私たちが今、どのような困難な道のりを歩んでいたとしても、真の羊飼いであるイエス様が私たちといつも伴ってく ださいますので、恐れる必要はありません。真の羊飼いであるイエス様と伴って歩み続けて行きましょう。

コメントを残す