2021/ 6/ 6オンライン 逆境の中であっても恐れる事はない。主が共におられるから

2021/6/6     那覇・東風平オンライン礼拝                                 説教メモ

「たとえ死の陰の谷を歩むとも」  詩篇23篇連続講解説教⑤

「たとえ  死の陰の谷を歩むとしても  私は災いを恐れません。  あなたがともにおられますから。」4節

Ⅰ.死の陰の谷に直面する現実

「死の陰の谷」  この言葉を私たちの人生に置き換えるなら、それは絶望的に見えるほどの逆境と言い換えることができるの ではないでしょうか。  羊飼いは、羊を引き連れて旅をするとき、旅の途中に峡谷を通ったり、山を登ったり下りたりと、とても危 険な道を通ることがありました。ちょっとでも道を誤ると羊が命を落とすこともありましたから、羊飼いは、羊たちを見守りながら、 旅を続けました。 ダビデ自身も羊飼いの時の体験と共に、彼自身の生涯を振り返りながら、死の陰の谷を通った体験を思い 起こして、23篇は歌われています。

ダビデは、サウルの激しい妬みを買って、命を狙われ続けました。サウルが死んだあとは、息子アブシャロムの反逆に会い、またしても命を狙われるはめになりました。

ダビデはまさに死の陰の谷を歩み続けていました。 彼は、この死の影に直面した体験を晩年に書き記したことによって、詩篇23篇は生まれたわけです。 私たちの人生も「死の陰の谷」のような絶望的に見える逆境に直面することが度々あります。 ダビデが「死の陰の谷」を体験したように、私たちも人生において、絶望的に見えるほどの逆境の中を通ることが人生においてはあるという事です。

Ⅱ.死の陰の谷に直面しても主が共におられる

「たとえ  死の陰の谷を歩むとしても  私は災いを恐れません。  あなたがともにおられますから。」4節 何と前向きになれる素晴らしい約束でしょうか!

「死の陰の谷」のような絶望的に見える逆境の中をたとえ通る事があっても、私たちは決して孤独ではありません。一緒に悩んでくださるお方、一緒に悩みを共有してくださるイエス様が私たちと共にいてくださいますからなんと感謝なことであり、心強い ことでしょうか。

ヤコブはベエルシェパを離れてハランに向かう旅の途中、ベテルという地で、神体験をしました。ヤコブは「まことに主がこの 場所におられたのに私は今までそれを知らなかった。」という深い霊的体験をしました。

ヤコブにとっては、まさに死の陰の谷のような苦難の旅でしたが、「私は、孤独ではない、神がともにいてくださる。」という大 きな励ましを頂きました。

私たちが「死の陰の谷」のような絶望的に見えるほどの逆境の中をたとえ通ることがあったとしても、忘れてはならないこと は、イエス様が共にいてくださるという事です。

Ⅲ.死の陰の谷に直面しても主が共におられるので恐れる必要はない

「たとえ  死の陰の谷を歩むとしても  私は災いを恐れません。  あなたがともにおられますから。」4節 ヨハネの福音書10章11節にはこのように記されています。

「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。」 私の苦しみをすべて知っておられて、私たちのためにご自分のいのちさえ、お捨てになるほどに私たちを愛してくださるイエス様が、一緒にいてくださいますから、いったい何を恐れる必要があるでしょうか。 主が私たちと共にいてくださるから、たとえ死の陰の谷を歩むことがあったとしても、恐れる必要はないとここに宣言されています。 今、死の陰の谷のような絶望に見える逆境の中を歩んでいる方があるかも知れません。 けれども、たとえ死の陰の谷のような絶望に見える逆境の中を歩んでいたとしても、何も恐れる必要はないんだと。なぜな ら、イエス様が共におられるからです。

この信仰に立って歩むときに、死の陰の谷を乗り越えて行く力を主は必ず与えてくださいます。

ですから「たとえ  死の陰の谷を歩むとしても  私は災いを恐れません。  あなたがともにおられますから。」この信仰に立続け て歩ませて頂きましょう。

今井

コメントを残す