2021 9 5那覇・東風平 主との関係によって生み出される喜び

祝福ある生涯の秘訣②  「主を喜びとせよ」  詩篇37篇  連続説教  (2021/9/5)

Ⅰ.人生には、喜べない状況に直面することがある 私たちは人生において、嬉しいこと、喜ばずにはいられないこと、感謝せずにはいられないこと、そのような事が何度もあるのではないかと思います。 そのような時、私たちは、これも神様からの祝福であり、ご褒美であることを覚えて、神様に感謝をささげて大いに喜びを味わうと良いかと思います。

けれども、それと共に、人生には、とても喜べない状況に直面する事もしばしばあります。 詩篇37篇を記したダビデの生涯がそうでした。 ダビデの生涯は祝福の生涯でしたけれども、試練の生涯でもありました。

いのちを狙われ、殺されそうになったり、裏切られたり、理不尽すぎる苦しみに直面したりしました。

イエス様がヨハネの福音書16章33節で「世にあっては苦難があります」と語っておられるように、 私たちは人生において、とても喜べないと思えるような苦難の中に置かれることがしばしばあります。

けれども今日のみ言葉には「喜びとせよ」と記されています。 新改訳聖書には747回「喜び」という言葉が使われています。しかもとても喜べないような状況の中で「喜びなさい」と聖書は命じています。 これは辛いのに無理してでも「喜びなさい」と言っているのではありません。 けれども今朝の聖句には、喜べない状況にあるときにも、喜ぶことができる秘訣が記されています。

そのことを第二番目にみていきます。

Ⅱ.神様のうちに喜びを見出しなさい

4節に「主を自らの喜びとせよ」と記してあります。 ここで使われている「喜び」という言葉はヘブル語では、「神様との関係によって生み出される喜び」という意味があるそうです。

「主を自らの喜びとせよ」とは、神様との関係によって喜びを見出しなさいという意味です。 主を喜びとするときに、私たちはたとえ辛い中にあっても喜ぶことができるようなそのような喜びを神様は与えてくださいます。

辛い中にあっても祈りの中で生み出される喜びというものがあります。

みことばを黙想している中で与えられる喜びというものがあります。 また聖霊の御声に従うことによって与えられる喜びというものがあります。

このように  「主を自らの喜びとせよ」とは、神様との関係によって喜びを見出しなさいという意味です。

今、厳しい試練の中に私たち人ひとり置かれています。 日々目まぐるしく移り変わる状時代にあって目の前には様々な苦難が蓄積しているかも知れません。 厳しい時代の中で、苦難に押しつぶされそうになって、不安や恐れを覚えたり、希望を見失ったりしてしまって、い

つしか、神様の内にある喜びを見失ってしまっているかも知れません。

けれども今朝のみことばは、直面している問題によって一喜一憂するのではなく、神様との関係によって生み出さ れる喜びを見つけなさいと語っています。

「主を自らの喜びとせよ」と今朝のみ言葉は語っていますから、苦難によって一喜一憂してしまうような 一時的な不安定な喜びではなく、イエス様との関係によって生み出される喜びを見出しながら、この時代を歩んで参りましょう。(今井)

コメントを残す