2021/ 9 /12那覇・東風平礼拝/主は心の願いかなえてくださる

祝福ある生涯の秘訣③  「主は心の願いをかなえてくださる」  詩篇37篇  連続説教  (2021/9/12)

「主を自らの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる」詩篇37篇4節 Ⅰ.心の願いがかなえられない原因

聖書ははっきりと祈りはかなえられると約束していますが、人生は、私たちが願っているように行かない事ばかりです。

厳しい現実を見るとき「心の願いがかなえられる」なんて夢物語のように感じますし、人生そんなに甘くない」と 普通私たちは思います。

祈っても聞かれないのには原因があります。

ヤコブ4章3節には「求めても得られないのは、自分の快楽のために使おうと、悪い動機で求めるからです」と記さ れています。

祈りが聞かれない原因は動機が不純であるからということです。

もし神様が、私たちが欲しいと願うものを何でも与えられるお方であったとしたら、人間はいつしかわがままにな り、怠け者になり、神様を悪用するようになるのではないでしょうか。

祈りが聞かれるなら、「宝くじを買って、1億円が与えられるようにお祈りしよう。そうしたら、あれもこれも欲しいも のが手に入る。」そのように祈っても、祈りは聞かれません。

悪い動機で祈っているからです。

Ⅱ.主を喜びとするとき、心の願いはかなえられる

「主を自らの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる」詩篇37篇4節 この4節のみ言葉の中に神様が私たちの心の願いをかなえてくださる条件が「主を自らの喜びとする」ことである

ということが分かります。 先週学びましたように、「主を自らの喜びとする」とは神様との正しい関係の中から生み出される喜びであるということを学びました。

そのように神様との関係からくる喜びに満たされているとき、自分の快楽のために「あれも欲しい、これも欲しい」と いう思いや、御心に相反するような思いはきよめられます。 そして、神様が喜ばれる願いを心に持つことができるようになって、自分の快楽のためではなく、神様が喜ばれることが私の喜びとなり、神様の栄光を現わすことが私の心の願いとなるからです。

ジョージ・ミュラーが孤児院を設立するにあたって、彼は、祈りによって神が必要な費用を備えて下さる事を通して、 神に頼ることが無益でないことを世に 証明し、神の栄光を現わすという目標を掲げました。

彼は、孤児院を設立し、運営していくための費用を決して人に求めず神様だけに祈って求めるという信念を貫き、 彼は日記の中で、祈ったことがその日のうちに応えられた体験は3万回を越えたと証しています。

神様がジョージ・ミュラーの祈りをかなえてくださったのは、彼が悪い動機ではなく、神様の栄光のためという正し い動機を持って祈ったからでした。

私たちも主を喜びとして生きるとき、その心の動機はきよめられ、正しい動機で祈り求めることができますので、心 の願いはかなえられます。

私たちの祈りがかなえられないのは、「自分の欲望を満たすと」いう良くない動機で祈るからです。

主を自らの喜びとして歩むとき、私たちの心の動機はきよめられ、私たちの心の願いはかなえられます。 主を自らの喜びとして歩み続けましょう。

「主を自らの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる」(今井)

コメントを残す