2021.1.31 インマニエル那覇・東風平礼拝

アウトライン

機会を十分生かしなさい③

今朝は「機会を十分に活かす」ためには、正しい目標を目指して生きる事が不可欠であるという事について見て行きたいと思います。
クリスチャンが目指す目標: 自分を通して、キリストがあがめられること「生きるにしても死ぬにしても、私の身によってキリストがあがめられることです。」ピリピ1:20
パウロは、激しい迫害の中で、牢獄に入れられ、殉教の死をも覚悟していました。彼は、牢獄の中で死んでしまうのか活かされるのかは、彼の関心事ではなく、パウロの唯一の願いであり、唯一の目標は、「私の身によってキリストが崇められること」でした。
私たちが目指している目標が何であるかによって、機会を十分に活かしているのか、あるいは、サタンに機会を与えてしまうのか、そのことがはっきりと分かれます。
今朝は、私たちが吟味しなければならない目標について具体的に三つの事を見て行きます。
1. 神の栄光よりも自分の名誉を得ることが目標になっていないか

もし、私たちの目標が「キリストが崇められる」ことよりも「自分の名誉」という事が目標になっていたとした
ら、出世するためには、何も惜しまないような時間の使い方をするようになってしまいます。
そして神様の喜ばれることのために時間を使うのはもったいないという思いに駆られてサタンに機会を与えてしまう事になり兼ねません。
けれとも、「キリストが崇められる」ために学びにおいても、仕事においても、あらゆることにおいて、勤勉に歩む事によって、良い証しを立てることを目指すならば、機会を十分に活かすことにつながります。
2 与えられた賜物を神のためではなく、自分の満足のために使っていないか


もし私たちが神様から与えられた賜物を「キリストが崇められる」ことよりも「自分の満足のために賜物
を充実させる」という事を目標にしてしまいますと、多くの時間を神様を喜ばすためではなく、サタンに機会
を奪われてしまうことになり兼ねません。
けれども「神様から与えられた賜物」をキリストが崇められるためにより充実させていく事を目指すなら、
機会を十分に活かすことにつながります。
3 教会の充実よりも自分の楽しみを追い求めることを目標にしていないか


もし私たちがコロナ渦にあって、礼拝が休みになったからといって、置かれたその場所で礼拝をささげるこ
とを怠けてしまって、自分の楽しみに時間を使う事を優先してしまいますと、段々と神様への情熱が冷めて
いきます。そして伝道する事、奉仕に加わること、教会の発展のために祈ったり、教会の活動のために自
分のできる事をさせて頂くという情熱やスピリットが失われて、サタンに機会を与えてしまう事になり兼ねま
せん。
けれども、「キリストが崇められるため」に、コロナ渦という今、置かれている環境にあって、教会のため
に祈ったり、身近な人に伝道したり、教会のために私にできる奉仕をする時に、機会を十分に活かすことに
繋がります。
教会総会を持って、新しい方針のもとで、教会がスタートします。
特に今年は、那覇教会は創立50周年、東風平教会は、創立40周年を迎えました。
新たな一年も「私の計画、私の目標」を優先するのではなく、「キリストが崇められるため」に私に出来る
最善を教会の為に尽くして参りましょう。

(今井)

午後は教会総会がおこなわれます

シャローム通信(No10)

2020.8.16

沖縄におけるコロナの感染者拡大により、既にご連絡していますように、8月いっぱいは、教会に集まらず、オン ライン礼拝のみと致します。 ただ、横の交わりが途絶えたままであることと、教会に集まって礼拝を持つ重要性を考 慮して、9月からは様子を見て、以下の二案のどちらかで礼拝を持ちたいと考えています。

那覇教会 第Ⅰ案

オンライン礼拝を中心としながらも、ネット環境のない方とCS生徒のご家族、どうしても教会で礼拝を持ちたい方 は、教会に来て頂いて礼拝を持つ。

第Ⅱ案:2部に分けて行う(並行して動画も配信する。)

1部:10:00~11:00(教会学校も並行して行う)  、原則として近隣の方、CS生徒を持つ家族、奉仕者

2部:11:30~12:30  遠方の方、CS生徒を持たない家族、

※上記に該当していなくても1部が都合の良い方、2部が都合の良い方はそれぞれの判断にゆだねます。

東風平教会 午前はオンラインで礼拝を持って頂き、午後2時半から祈祷会を持つ。

※その他、那覇も東風平もZOOMを活用して、フェロシップ等を行う。

9月から、横の交わりが途絶えてしまわないためにも、以上のことを検討していますので、お祈りください。

 ご報告  ご連絡  祈りの課題

①~②省略。詳しくはEメール版のシャローム通信(No10)をご覧ください。

③.上半期感謝献金を実施中です。  喜んでお献げできる最善を持って、ご参加ください。(締め切りは8月末日)

④.礼拝がお休みとなる期間は、集会献金などは礼拝を再開する時まで、ストックしてくださり、 月定献金や、上半期感謝献金等も含めて、下記の口座番号にお振込み頂けますと感謝です。 那覇教会   :沖縄銀行 普通   店番125(松城支店)                                                 口座番号1486529 東風平教会:琉球銀行 普通   店番606(東風平支店)   口座番号459169 献金の内訳は那覇教会へお電話か、メールでご連絡くださいませ。

教会への連絡先         那覇市松川1-15-15   インマヌエル那覇教会                         098-836-3611

今井

第58回 新年聖会:新年を迎えて「試練における信仰」

毎年、新年を迎えて、全国でご活躍されておられる先生をお呼びしキリスト教についてわかりやすく説明してもらいます。岡田先生のやさしい解説は人気。今年は試練における信仰を4回に分けてお話してもらいます。

日時:1月10(金)午後7時、1月11日(土)午後7時、1月12日 午後3時と午後7時

場所:沖縄キリスト教学院大学チャペル

入場料:無料。ただし席上献金があります。

参加資格:どなたでも!

試練における信仰

キッズクラブ ひらやーちーパーティ! 11月16日(土)

保護者の方へ

キッズクラブは、小学校就学前の幼児から高校生までを対象に居場所を提供し、楽しいゲーム等をしながら、聖書教育に基づいて、子供たちが健全な大人へと成長していけるような人格形成を目指しています。

どうぞご安心くださってお子様たちを送り出してくださいますようご案内致します。

保護者の方のご来会も歓迎いたします 。

おうちの人に言ってから来てね!

ようこそ


ちょっと不思議な名前?と感じられるかもしれませんが、最近、創立70周年を迎えた伝統的なキリスト教(プロテスタント)の教団(教会の集まり)です。
「イムマヌエル」とは、インマヌエル(Immanuel)の昔の表記で「神はわれらとともにおられる」の意味です。
「綜合伝道団」とあるのは、宣教のみならず、医療、教育、農耕を含む総合的な伝道を目指して発足したことによりつけられました。日本全国に113の教会があります。「Immanuel General Mission」「IGM」と表記されることもあります。